サッカーのシューズ

後半22分から怒涛の攻撃でアジアの頂点へ

最近スポーツで大いに盛り上がったのは、サッカー男子リオオリンピックアジア地区最終予選、U-23選手権2016です。

日本は、準々決勝ではイラン戦で試合はもつれこみ延長戦へ。

延長戦では日本の良いところが出て3-0と辛勝しました。

準決勝でも、イラク戦では、前半久保のゴールで先制するも前に出てくるイラクを相手に1失点を許してしまいました。

後半、点数が欲しい日本は、今日も延長戦突入かと言う所で原川力の劇的な決勝ゴールでリオオリンピックへの出場を決めました。

決勝戦では、苦戦を予想される韓国戦。

前半は日本代表の良い所も殆ど出すことが出来なく、韓国ペースの試合運びになりました。

前半20分に先制を許し、後半開始早々の2分に追加点を決められ、観戦していた方は少し諦めかけたのではないでしょうか。

後半手倉森監督が動き、守備的な大島に変えてフォワード浅野を投入したのが、後半22分からの怒涛のゴールラッシュに繋がりました。

22分には後半に入ったフレッシュな浅野のゴール。

続けざま23分には矢島慎也のゴール。この立て続けのゴールは神がかり的なゴールラッシュでした。

ここで諦めかけていた日本人サポーターも盛り上がりました。

韓国は試合の流れを引き戻そうとロングボールを蹴りこむシーンが多かったですが日本の守備陣は崩されることなく、守り切りました。

あと1点が欲しい日本はカウンターから見事に浅野が待望の追加点を奪い、アジア王者の座を掴むことが出来ました。

スポーツ中継U-23選手権2016 日本vs韓国

今までの試合は全戦全勝の日本。もうオリンピックの出場権利は獲得しているのですが、勝ってオリンピックへ行くのと負けて行くのとではモチベーションが違います... もっと読む